クッキーに関する情報

Furla.comのウェブサイト(www.furla.com/jp)の日本語セクションでは、お客様のブラウジングエクスペリエンスを向上させ、また、お客様の興味に合ったプロモーションメッセージを送信するために、クッキー、及び類似テクノロジーを使用しています。詳細は、以下に説明されています。

定義

クッキーとは、お客様の訪問中(セッションクッキー)やその後の訪問(パーシステントクッキー)の間、お客様のデバイス(コンピュータ、タブレット、スマートフォンなど)にウェブサイトサーバーが情報を保存することを可能にするシンプルなテキストファイルです。情報は、お客様が選択した設定に従ってブラウザに保存されます。ウェブビーコン、クリアGIF、HTML5で導入されたすべての形式のローカルストレージなどの類似のテクノロジーを使用して、訪問者の行動に関する情報を収集することも可能です。簡略化するため、「クッキー」への言及は同様のテクノロジーすべてを含むこととします。

クッキーの種類

テクニカルクッキー

セッションクッキー: 当社のウェブサイトが正しく機能するために必要不可欠であり、登録/ログインおよび会員専用機能へのアクセスの管理に使用されます。ブラウジングセッション中に一時的に保存され、ブラウザが閉じられると同時に自動的にデバイスから削除されます。セッションクッキーを無効にすると、登録/ログインが必要な機能にアクセスできない場合があるのでご注意ください。

パーシステントクッキー、サイト最適化クッキー、統計クッキー 匿名ベースで、サイトのトラフィックと利用状況を収集・分析し、システムを監視し、オペレーティングパフォーマンスを向上させることを可能にします。ブラウザが閉じられても自動的には削除されませんが、一定期間(例えば、年末まで、など)、または削除されるまでコンピュータに保存されます。

これらのクッキーを管理および削除する方法の詳細については、以下の「クッキーの管理」セクションを参照してください。

以下は現在ウェブサイトで使用されているテクニカルクッキーの一覧です。

名前 種類 期間 目的
Sfcc-cart
Customer_id
テクニカル セッション ゲストユーザー、登録されたユーザーの両方について、ショッピングカート上のデータ
furlaCountry
furlaLoc
テクニカル 30日間 アクセスされた国とユーザーの地理的関係を特定。ローカライゼーション、またはユーザーによる国の変更によって設定されます
__canI_TH テクニカル セッション ウェブサイトを管理するために必要なセッションデータ
session
Session.sig
テクニカル セッション ウェブサイトを管理するために必要なセッションデータ
Shownlpopup テクニカル セッション ニュースレターのポップアップを表示するかどうかを決定
Dwanonymous_e
Dw_securetoken_
Dwsid
Sfcc_token
テクニカル セッション ログイン・購入目的でのウェブサイトの正常動作のために必要とされるクッキー
dwcookie テクニカル セッション ウェブサイト管理目的でのウェブサイトの正常動作のために必要とされるクッキー
Dwuser_XXXX
Dwcustomer_XXXX
テクニカル 6か月 ウェブサイトを管理するために必要なセッションデータ
Dwsourcecode_XXXX テクニカル 1日 ウェブサイト管理目的でのウェブサイトの正常動作のために必要とされるクッキー
Dwsid (replaces sid) テクニカル セッション ログイン・購入段階でのウェブサイトの安全性目的での、ウェブサイトの正常動作のために必要とされるクッキー
Dwsecuretoken_XXXX テクニカル セッション 使用されるプロトコルがHTTPSの場合にセッション情報を保ちます
Dwanonymous_XXXX
Dwac_XXXX
Dwpersonalization_XXXX
テクニカル(ファーストパーティー分析) 6か月 サイト使用に関する匿名の統計的分析を可能にするファーストパーティークッキー
JSESSIONID
VISITOR_ID
テクニカル セッション セッションIDを収集し、ユーザーによるオンライン取引の完了を可能にします

サードパーティクッキー

このウェブサイトは、選択されたサードパーティ(第三者)のサービスプロバイダによって提供されるクッキーも使用しています。

分析クッキー:このWebサイトは、Googleアナリティクスなどのサードパーティのサービスプロバイダを使用し、匿名ベースでサイトのトラフィックと利用状況を収集・分析します。

プロファイリングクッキー:サードパーティのサービスプロバイダは、お客様の好み、習慣、チョイスその他のプロフィールを作成し、お客様のお好みに合ったプロモーションメッセージを送信するため、プロファイリングクッキーを使用してお客様による当サイト上でのナビゲーションをトラックしています。無効にしたり削除したりすると、お客様のお好みに合わせたプロモーションメッセージを送信することができなくなったり、一部の機能が適切に機能しなくなったり、ウェブサイトの一部にアクセスできなくなってしまう可能性があります。

これらのクッキーを管理および削除する方法の詳細については、以下の「クッキーの管理」を参照してください。

以下は、現在ウェブサイトで使用されている主要なサードパーティクッキーの一覧です。

名前 種類 手段 期間 目的
_ga 分析 Googleアナリティクス 2年間 訪問者がウェブサイトをどのように使うかの統計データを生成するために独特のIDを記録
_gat 分析 Googleアナリティクス セッション リクエストの頻度を制限
_gid 分析 Googleアナリティクス セッション 訪問者がウェブサイトをどのように使うかの統計データを生成するために独特のIDを記録
_utma 分析 Googleアナリティクス 永続的 訪問者が何回ウェブサイトを訪問したか、最初の訪問と最後の訪問がいつであったかのトラックを記録
_utmb
_utmc
分析 Googleアナリティクス セッション ウェブサイトの訪問にかかる時間を計算
_utmt 分析 Googleアナリティクス 10分間 リクエストの頻度を制限
_utmz 分析 Googleアナリティクス 6か月 訪問者がどのウェブサイトから来たか、どのサーチエンジンを使用したか、どのリンクをクリックしたか、どのキーワードを使ったかを記録
_TA_TRACKING
sp
分析 Thron 3か月 ThronのCNDによって流布されたFurlaの画像の使用を匿名でトラックすることを可能にします
NID
SID
IDE
ANID
DSID
FLC
AID
TAID
exchange
_uid
__gac
__gads
プロファイリング Googleショッピング 3か月から2年間 ユーザーにかかわる広告を選び、キャンペーンパフォーマンスのレポートを改善し、ユーザーがすでに見た広告を表示することを避けます
fr プロファイリング Facebook 3か月 広告目的でFacebookユーザーをトラック
acdc プロファイリング Criteo 6か月 例えばダイナミックバナーで、サイトにより明白に渡されたパラメータのトラックを記録
dis
eid
プロファイリング Criteo 6か月 パブリッシャー(広告を受け入れるサイトなど)に対し広告主が誰であるかを報告することにより、サイト上での特定の広告の表示をブロックすることが可能になります
evt プロファイリング Criteo 1年間 あるキャンペーンやCriteo一般上でのユーザーによるオプトアウト(言い換えると、広告をこれ以上見たくないという希望)のトラックを記録
zdi プロファイリング Criteo 5年間 あるキャンペーンやCriteo一般上でのユーザーによるオプトアウト(言い換えると、広告をこれ以上見たくないという希望)のトラックを記録
opt
optout
udc
プロファイリング Criteo 6か月 サイト上でのユーザーの行動をもとに、パーソナライズドされた、より適切なバナーの表示を可能にします
pp プロファイリング Criteo 1日 サイト上でのユーザーの行動をもとに、パーソナライズドされた、より適切なバナーの表示を可能にします
SaleCycle プロファイリング www.salecycle.com 6ヵ月 EメールやSMSによるユーザーとのコンタクトで得られるウェブサイト利用データの収集(オンラインショッピングサポートやユーザーの製品閲覧履歴を元に、マーケティング手法をカスタマイズするため
udi プロファイリング Criteo 6か月 キャンペーンID、つまりCriteoがそれぞれのキャンペーンに割り与える固有のIDコードのトラックを記録
uic プロファイリング Criteo 1年間 キャンペーンID、つまりCriteoがそれぞれのキャンペーンに割り与える固有のIDコードのトラックを記録
uid プロファイリング Criteo 1か月 クリエイティビティに関する情報、つまり、ダイナミックバナーで使われるレイアウトと色のコンピレーションを集めます

hjClosedSurveyInvites

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。調査誘導のポップアップメッセージにユーザーが反応すると、このクッキーが設定されます。誘導メッセージを表示済みのユーザーに重複して表示しないように使われます。

hjDonePolls

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。ユーザーがフィードバック調査のウィジェットを使ってアンケートに回答し終わると、このクッキーが設定されます。すでに記入したユーザーに同じアンケートを表示しないように使われます。

hjMinimizedPolls

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。ユーザーがフィードバック調査のウィジェットを最小化すると、このクッキーが設定されます。ユーザーがサイト内を回遊する際にウィジェット画面を確実に最小化するために使用されます。

_hjDoneTestersWidgets

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。リクルートユーザーテスターのウィジェットでユーザーが情報を送信すると、このクッキーが設定されます。記入経験のあるユーザーに同じフォームが表示されないようにするために使われます。

_hjIncludedInSample

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。このセッションのクッキーは、ファネル生成に使用するサンプルに、そのユーザーを含めるかどうかをHotjarに知らせるために設定されます。

_hjShownFeedbackMessage

Analytical

Hotjar

365 日

ユーザーが受信フィードバックを最小化または完了すると、このクッキーが設定されます。この設定により、表示設定されている別のページにユーザーが移動すると、直ちに受信フィードバックが最小化され、ロードされます。

_hjid

Analytical

Hotjar

365 日

Hotjarのクッキーについて。このクッキーは、Hotjarのスクリプトのあるページの初回閲覧時に設定されます。これは、ブラウザ上でそのサイトに特定のHotjar ユーザーIDを保持するために使われます。このクッキーから同じユーザーIDであると判断されると、そのサイトへの再訪であることが確認できます。

hjRecordingLastActivity

Analytical

Hotjar

セッション

クッキーとは対照的に、セッションストレージで確認できます。更新されるのは、ユーザーのサイト閲覧記録の開始時と、データがWebSocketから送信された時です(Hotjarが記録するユーザーアクション)。

hjTLDTest

Analytical

Hotjar

セッション

Hotjarスクリプトの実行により、ページのホスト名の代わりに使う最も一般的なクッキーパスの決定が試行されます。これにより、クッキーをサブドメイン全体でシェアできるようになります(該当の場合)。決定するためには、フェールオーバーするまで、_hjTLDTest クッキーを別のURLのサブストリングの選択肢として保存を試みます。この確認後にクッキーは削除されます。

_hjUserAttributesHash

Analytical

Hotjar

セッション

Hotjar Identify APIを通して送られるユーザー属性は、属性が変わって更新が必要になった時点を把握するため、セッション中にキャッシュされます。

_hjCachedUserAttributes

Analytical

Hotjar

セッション

このクッキーは、ユーザーが調査対象に含まれない場合にHotjar Identify APIを通して送られるユーザー属性を保存します。これらの属性は、ユーザーがHotjarのフィードバックツールとインタラクトする場合にのみ、保存されます。

Furlaはサードパーティクッキーを管理していませんのでご注意ください。

当社の主なサードパーティプロバイダによって収集された情報の管理は、以下のリンクからご覧いただけるように、プロバイダのクッキーポリシーや、クッキーを無効にする手順によって規制されています。

A追加のサードパーティ分析クッキーは、ウェブサイト上に存在する可能性があり、時折Furlaの広告キャンペーンに従って変化します。その場合、Furlaによって委託された第三者の広告代理店が、Furlaウェブサイトの広告キャンペーンのコンテクストでクッキーを使用し、キャンペーンに関する匿名の統計を限られた期間だけ生成する可能性があります。これらのクッキーに関する詳しい情報をご希望の場合は、privacy@furla.comまでご連絡ください。

これらのクッキーを管理および削除する方法の詳細については、以下の「クッキーの管理」を参照してください。

クッキーの管理

ブラウザの設定を変えることにより、クッキーの承諾、無効化、拒否を簡単に行うことができ、また、さまざまなWebサイトやWebアプリケーションのブラウザ設定をパーソナライズすることも可能です。ほとんどのメインストリームブラウザでは、独自のクッキーとサードパーティクッキーについて異なる設定を選択できるようになっています。テクニカルクッキーの全部または一部を無効にすると、登録ユーザーのみが使用できる機能の適切な作動に影響を与える可能性があることにご注意ください。以下は、クッキーの削除方法が記載されたメインブラウザのWebページへのリンクです。

インターネットエクスプローラ | Firefox | Chrome | Safari 



クッキーの使用を制限する方法の詳細については、以下をご覧ください:

www.youronlinechoices.com
www.networkadvertising.org/choices/